背中ニキビの原因と対策

あなたの背中ニキビの原因を知って適切な対策を!

背中ニキビができやすい人の原因と特徴

背中ニキビができやすい人の特徴というのは特にありませんが、皮脂が多く分泌されることでニキビができやすい人は、背中ニキビも同じ原因でできてしまうケースが多いのだとか。

 

 

反対にお顔の肌が乾燥しやすい人は、背中はそれ以上に乾燥しているので、ニキビができやすく治りにくい状態になっているとのことです。

 

肌が敏感な人では、洋服(下着)の素材が原因で背中ニキビを引き起こしてしまうこともあるようです。

 

そして、シャンプーなどをササッと簡単に流してしまう人も背中ニキビができやすいです。

 

 

これは私も経験があるのですが、コンディショナーやトリートメントを流した後に体を洗うのと、体を先に洗って最後にトリートメントなどを流すのでは、背中ニキビの発生率が違います。

 

 

トリートメントやコンディショナーは、ヘアケア商品の中でも髪にとどまって効果を発揮するものですよね。

 

流れ落ちにくい構造になっているのですから、すすぎを最後にすると背中にも残ったままで、背中ニキビの原因となってしまいます。

 

 

女性の場合は、すすぎの順番を変えただけで背中ニキビが少なくなったという人も多いそうです。

 

 

実際に私も順番を変えたら、背中ニキビが悪化することはなくなりましたよ。

 

 

生活習慣もニキビの原因になりますから、夜更かしをしがちな人や偏食気味な人も背中ニキビができやすい人と考えられます。

 

清潔に洗った後はしっかりと保湿をして、良く眠りバランスよく食べる。下着やシーツは常に清潔に。

 

これを続けるだけでも原因が減ってずいぶんと改善されるはずです。
それでも悩みが続くようなら専用のクリームを使うのも一つの方法ですね。

 

背中ニキビの原因を探って有効な対策を取ろう

思春期の顔のニキビは、皮脂の過剰分泌が原因ですが、大人になってからの背中ニキビは、皮脂の過剰分泌というよりも、色々な理由が重なっていることが原因のようです。

 

 

皮脂がたくさん分泌されることが原因になっていることもあります。

 

でも、洋服がこすれることで刺激になっていたり、きちんと汚れが落とせていなかったりと他のことが混ざり合って悪い方向へと肌が傾いてしまう可能性が高いようです。

 

 

大人の背中ニキビは乾燥が大敵

 

そして、意外かもしれませんが、「乾燥」も背中ニキビの原因になります。

 

 

背中は乾燥してもなかなか自覚をしにくい部分です。痒みを伴うほどの乾燥なら気づきますが、少しの乾燥なら症状はあまり出ませんよね。

 

 

肌が乾燥することで、背中の皮膚は肌を守ろうとして厚くなっていき、老廃物などが蓄積されて、それがニキビの原因になることもあるそうです。
原因が一つなら対策も取りやすいのですが、色々な原因が重なると有効な手立てがないような気がしてきます。

 

 

特冷え性や乾燥肌で背中ニキビに悩む大人の女性は保湿対策が有効です

 

保湿と美肌効果で、大人の女性におススメの背中ニキビ対策ジェルはジッテプラスです。

 

 

背中ニキビの原因の特定は完治への近道になりますが、原因がはっきりしない時は背中ニキビ専用ジェルやクリームなどで先回りして防いでいくのがおススメです。


ホーム RSS購読 サイトマップ